CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
My Twitter
ryo_kodukiをフォローしましょう
photo album
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

Lune-intime journal

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.07.02(Thu)
- / -
荒れるぜ!!出発進行!!


毎年恒例のVSシリーズ星

「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー」

同じ特撮大好きなお友達と、鑑賞してきましたカチンコ

今回の見どころは、子供トッキュウジャーでしょう。
トッキュウジャーは、大人の姿をした子供たちですからね。
TV本編から、子役の演技もすごいと、感心させられますmie
そして、めんこいmie

やっぱり現役戦隊が優遇されて。
先輩戦隊より、出番も多かったりするんですが…。
今回は、子供トッキュウジャーと、変身後のシーンが多かったので。
そんなに違和感無く見れたりしました。

でも…。

トッキュウジャーファンとしては。
トッキュウジャー6人の素面の姿を拝見したかったかなプシュー
キョウリュウジャーとの素面の絡みも、もう少し見たかった。

キアノユウサ、基。
牙の勇者のキングさんと、めんこいライトくんの。
レッド同士の熱い思いと友情。


キョウリュウジャーは、何度もトッキュウジャーを守ったし。
キングさんのことも諦めない、ライトくんの思いも良かった。

トッキュウジャーが子供らしいところも描かれていて。
話もまとまっていて、面白かったですちゅん

カッコ良かったのは、変身シーン。
VSシリーズ初!!(だと思います)

素面で名乗りからの、変身手

映画で、このパターンやったら。
トッキュウジャーの最終回は、どんな名乗りになるのか。
もしかしたら、ないのかな??
去年のこともあるし…。


それにTV編では。
故郷の昴ケ浜が、無事に戻り。
トカッチ、ミオ、ヒカリ、カグラが、子供に戻りました。




海をバックに佇む4人のシーンはキレイで。



ライトくんは、ゼットの闇を取り込んで大人の姿になったから。
もう元の子供の姿に戻れない…。

両親の元に帰れるように。
子供に戻してあげることを選択して。
4人に別れを告げるライトくんの演技に、泣きそうになりましたポロリ

最終回を前に、6号の明くんと。
トッキュウジャーは2人になってしまったけど。

多分…。
戦隊だから、最終回は6人全員で戦う。
のが、お約束スマイル

だが、しかし。
去年の例外もあるわけで…。
(キョウリュウさんだけであってほしい)

後、2回。

トッキュウジャーを楽しみたいと思いますハート
 
2015.01.28(Wed)23:57
comments(0) / trackbacks(0)
自分でやらなきゃ、勝利のイマジネーションは絶対に見えない


割りと真剣に見ていて。
結構、好きなのにハート

何故か、1回しかブログに書いていなかった。

『烈車戦隊トッキュウジャー』



なんて言っても、キャストの方々がカワイイのと。
(ここが、1番大事だったりする顔文字

トッキュウ3号のミオちゃんと。
トッキュウ2号のトカッチ好きは相変わらずmie

でも、最近は。
トッキュウ1号のライトもめんこいのです手

過去の記憶が無い5人が。
記憶と、自分たちの住んでいる街を探す。

子供の時に誓った。
「絶対5人で助けあうこと」
の言葉通り、5人でシャドーラインに立ち向かう戦隊らしさ。

などなど、私が好きな要素が沢山あるわけで。
ハマっているわけでございますonpu03


第32駅・決意で明かされる。
トッキュウジャーの秘密。

回想シーンで出てくる子供の服と。
最初のライト達の服が同じだったり。
闇に飲み込まれた時の5人は、子供だったりと。

いろいろ、伏線があったので。
やっぱりねと、大きな子供は思っていましたがひらめき

今のライト達の姿は、シャドーと戦うために。
レインボーラインの総裁が、大人にした仮の姿。
本当の姿は、秘密基地で遊んでいた時の子供達。
子供の時の記憶しかないんじゃなくて。
大人じゃないので、記憶自体が存在しない。

このままトッキュウジャーを続けていれば、元の子供の姿に戻れなくなる。

それでも、敵に飲み込まれた自分の街を救うために。
シャドーラインを倒すために。

トッキュウジャーとして戦う決意をする。


ライトと、子供ライトがハイタッチするシーンは。
少し、泣きそうになったりした大人ですポロリ

大きい子供も、感動しましたゆう★



最後の5人のシーン、すごい良かったですmie

やっぱり、めんこいLOVE




でも、シュバルツと飯を食うシーンも好きですイヒヒ



いや、やっぱりこっちだラッキー

トッキュウ6号、明くん。
いつも笑いをありがとうmie
2014.10.13(Mon)23:54
comments(0) / trackbacks(0)
人の命は地球の未来 燃えるレスキュー魂


「救急戦隊ゴーゴーファイブ」

毎度のごとく、youtubeで、鑑賞していた作品。
今週の更新で、最終回になります。

戦隊なんですけど。
『レスキュー』が、テーマな作品でonnpu

スーパー戦隊も、人の命を救うために戦っていますけど。

前のブログでも書きましたが。
巽5兄弟全員が、消防局、警察、救急救命士というレスキュー一家。

戦隊になる前から、人の命を救う。
本当に人の命を救っている戦隊です地球

最終章では、ハイテクなレスキューツールが使うことが出来ず。
自分たちの手で、瓦礫を取り除いてレスキューする。

最後って、敵幹部を倒したり。
ラスボス前に屈するけど、もう1度立ち上がる。
それが、戦隊なんですけど。

ゴーゴーファイブは、レスキューなんです!!
泥臭くても、人を助ける。


本当に子供番組でいいのかと思うくらい。
重い話もあって。
大人な私には、とても面白い作品だったんですmie

19話にして、完全敗北したり。
25話で、地球破滅の時と、ラスボスが降臨したり。
30話で、地球に衝突する敵の小惑星を、命懸けで破壊したり。
34話で、自分たちが死ぬか、地球が破滅する毒を撒き散らすかという罠にかけられたり。
42話で、災魔地獄に落とされたり。

と、こんなに命懸けで戦っていた戦隊は。
私が見ている中では、ないです!!

兄弟戦隊、家族戦隊は、愛と絆が強いですからねハート

それにゴーゴーファイブは、それだけではないです。
ゴーレッド・マトイ兄さんの気合いがプラスされます!!

20話は特に、マトイ兄さんの気合いがすごくて。
大好きな話。


名セリフも多いんですよね。

完全敗北して、戦うことが怖くなる巽兄弟。

「地球を背負えるかどうかじゃねー。ビビってようとなんだろうと救える命があるなら走っちまう。
俺達は、それだけで戦える」

強い敵に、巻き添えになってしまうくらいの、至近距離攻撃を挑む時。

「いーや、俺は死なない。気合いが違うからな!!」

この台詞、すごーく好きですハート

そして物語の終盤。
マトイ兄さんが、敵に命を奪われそうになった時の。
弟・妹達の「気合いだー!」の一言は、熱かったほし



「信じあうことが、家族です」

という台詞があるんですが、いい言葉だ手


…でも、私が1番好きな話は。

41話の「マトイが負けた男」です。

巽5兄弟のお父さんモンド役が、マイク真木さんで。
真木蔵人さんが工藤先輩役で、ゲスト出演していますちゅん

ギャグ回ですmie

マトイ兄さんが、過去に現場で腰が抜けたことを知り。
弟達が、からかうシーンとか。

ゴーゴーファイブを結成するために雲隠れしていたモンド父に。
「相当遊んだって顔してますね」
と、工藤先輩が言ったり。

モンド父が、破天荒な工藤先輩を見て。
「親の顔が見てみたい」という台詞。

このやりとりと。
ゴーレッドのスーツアクターさんの高岩さんの動きが面白いです!!

そんなゴーゴーファイブ。

前半見てないので、レンタルするぞ!!
そうしている間に、また全部見たくなりそうです音符
 
2014.10.01(Wed)21:57
comments(0) / trackbacks(0)
レスキュー・ソルジャー もっと強く!輝く勇気を 今!尖らせて


得意の、youtubeの東映チャンネルでパソコン
今、1番熱いのが…。

「救急戦隊ゴーゴーファイブ」

人の命は、地球の未来。燃えるレスキュー魂!!

が、決め台詞。

youtubeで再配信なのに。
その前まで、ウインスペクターとメガレンジャーに夢中でたらーっ
ゴーゴーファイブを、最初から見ていないんですパンダ

確か17話くらいからの参戦だったんですけど。
途中なのに、ガッツリハマっています!!



主人公の巽兄弟(5人兄弟、もちろんピンクは妹)
戦隊さんなので、基本は悪と戦うんですけど。

「救急戦隊」なので、1番は人を救うこと。
レスキューです地球

実際にゴーゴーファイブになる前は。
消防局のレスキュー隊員や、お巡りさん、救急救命士なので。
何よりも、人の命を救うことを大事にしている戦隊さんmie

今の戦隊さんは、絆とか勇気とか。
助けあうことが、メインで。
子供向け。

でもゴーゴーファイブは。
20話くらいにして敵に完全敗北してしまったり。
敵ボスを強くするためのグランドクロスを、命を懸けて戦ったり。
地球に迫ってくる隕石を、宇宙で命懸けで破壊したり。

気合いがあれば、戦えるという長男さんを中心に。
何度倒れても、立ち上がり戦う
手

この物語は、大人向けだよなーキラキラ
でも、面白い!!
メガレンジャーもだけど、この頃の方が。
物語は、大人向けの戦隊だったのねちゅん

レンタルで、1話から見るぞハート
と、計画しています。




ちなみに、これが海賊版(笑)
ゴーカイジャーは、イエローが女の子ですからね。
仕草も、カワイイmie

でも、中のスーツアクターさんは、同じ蜂須賀姐さんです。

蜂須賀祐一さんは、女形スーツアクターさんですけど。
ゴーゴーファイブの時は、男のイエローを演じていました。

蜂須賀姐さんは、やっぱり女性役の方が、美しいですポッ
2014.08.07(Thu)21:48
comments(0) / trackbacks(0)
悲しい時には 泣きたい時にはデジタイザーで呼べよ


「電磁戦隊メガレンジャー」

youtube配信で、半年かけて無料視聴しましたテレビジョン

…ホント、便利な世の中になったよ。
ネットで、見れるなんてプシュー

メガレンジャーの前作。

「激走戦隊カーレンジャー」

異色な、コミカルな作風で。
みんなでクリスマスパーティーをするために戦うような。
一般市民の戦隊だったんですけど。



メガレンジャー。
高校生が戦いに巻き込まれて、ネジレジアと戦う。

やっぱり、ビジュアルがいいと見ちゃう手
特にイエローの、千里ちゃんはカワイイですハート

そんなメガレンジャーは、シリアスな展開がたくさんあって。
たまーにカーレンジャーが恋しくなるというパンダ

そんな時期を乗り越えました(笑)


高校生活と、平和を守るために戦う二重生活。

特にラストの展開は、すごく良かったですmie

ラストというのは、敵勢力との壮絶な最後の戦いというのが。
戦隊のお約束。

そんな中で、受験の日に敵がやってきて。
受験という自分の将来を取るか。
大事な仲間を守るために戦うかという。
熱い展開。
これは、良い話だった!!

そしてラスト3話は、従来の戦隊ではあまりない。
一生懸命戦っているのに、市民から。
「メガレンジャーがいるから、ネジレジアが襲ってくるんだ」
という、理不尽な扱いを受ける。

メガレンジャー自身の卒業式にも、出させてもらえない。
それでも、大切なものを守るために戦った。
そして、卒業証書を掴む!!

うん、熱い展開だねmie

やっぱり最終回も、5人で戦う。
それが、戦隊だよね!!
(最終回で、まさかの1人だけで戦うという、どこぞの戦隊は…)


最後に…。



メガイエローは、変身前の千里ちゃんもカワイイけど顔文字



変身後も、ステキなのです。
さすが女形スーツアクターの、蜂須賀姐さんmie

野川さんのカワイイ演技もいいけど。
蜂須賀さんは、美しいのですほし
2014.06.05(Thu)22:04
comments(0) / trackbacks(0)
変身致します。白線の内側まで、お下がり下さい。
特撮ものは…。

変身前の人の、ビジュアルが好みであれば。
とりあえず、見るようにするし。
やっぱり好きになることが多い。




そんな。

「烈車戦隊トッキュウジャー」

変身後のスーツが、かなり時代後退していてプシュー
思わず「ダサっ!!」と言ってしまったんですよね。

これは、ダメかも…って思っていたんですけど。



変身前の子たちが、みんなカワイイ!!

特に。
トッキュウ3号(いつもはイエロー)の莉里杏チャン。
カワイイんですよねおはな
手前2番目の、黄色い服着ている女の子。

この子が出るから、見ようと思った。

ピンクの子は、はっきりとした顔立ちのカワイイだけど。
ミオちゃん(役名)は、スッキリ美人さん。

私は、ミオちゃん押しでいきたいと思います。


でも、1番良かったのは。
青い服に、メガネ。
トッキュウ2号(普段はブルー)の平牧仁クン。

特撮で、あまりいない。
メガネ男子。

メガネ男子に、特別ときめくことはないんですけど。
トカッチ(役名)は、カッコイイ!!
でも3枚目な、役どころなのがいい。

そして何より、気に入ったのは。



名乗りの、お辞儀。

「あっ、ども(どーも)」

とか。

「こんちは」

と、言ってますぴかぴか

こんな名乗り。
ゴーカイグリーン以来ですねたらーっ

面白すぎて、第1話の名乗りを何回も見た(笑)

戦隊のブルーといえば、クールなはずなのに
ここ数年、お笑い系になっているよなー。

そういえば、シンケンブルーもお笑い系だったか。

そんなトッキュウジャー。

ハマりそうな、予感?!星
2014.03.10(Mon)22:02
comments(2) / trackbacks(0)
<new | top | old>